top of page
検索
  • aigami9

スマホで目が悪くなる?

 ここ数年、老眼が進み眼鏡をしたまま近くのものが見えなくなってきています(悲しい・・)。生徒に指導している時も、普通に教えている時は眼鏡をしたままで、テキストや生徒のノートの小さな文字を読むときは、眼鏡をおでこにあげるという作業が入ります、とほほ・・。なんとかならないものかと思い、また調べてみました。

 一般的に「目が悪い」というと、おおむね近眼(近視)を指しています。近眼とは、近くのものは見えるけれど、遠くのものがぼやけて見えにくい状態のこと。老眼はまた違うようですが、簡単に言うと眼の中の水晶体の厚さの調整が出来ず、ピント合わせられなくてぼやけて見えてしまうこと。私の「老眼」は40歳ぐらいから始まった気がしますが、現在では「スマホ老眼」という症状が小さな子どもや20代から30代にも急増しているとか。「スマホ老眼」とは、一時的に起こる「目の調整機能の低下」を指し、日中のPC作業や、スマホを長時間見続けることで引き起こされるそうです。

 では、「目が悪くなる」予防や対策は何かというと、

①目を休ませる

 長時間近くを見つめ目を酷使してしまった場合、定期的に遠くを見ること。そういえば子

 供の頃によく言われてなぁと思いながら、「遠くの緑を見る」ことには意味があったんで

 すね。また温かい蒸しタオルを目に当ててリラックスさせるなども効果があるとのこと。

②目の運動をする

 ①と反対のことのようですが、時々目を閉じて眼球をグルグル動かすのも効果的だと。た

 だやり過ぎると気分が悪くなるので、気を付けましょう。

③サプリメントを摂る

 予防の意味で言うとこれも効果的。具体的に言うとホウレンソウなどに含まれ元々水晶体 

 の中にもある物質「ルテイン」「アスタキサンチン」、そして目の疲れをとる「ビタミン 

 B1、ビタミンC」を積極的に摂取すると目に良いと言われています。まあ、これは中学生

 というより私のようなおっさんにおススメでしょうかね。

何より一番は、寝る前のスマホなど可能な限り必要以上に「目を酷使」しないことでしょうね。

(ただわかってはいるんですがなかなか・・・。)






閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page